地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

JOY FM × まいぷれ宮崎

JOY FM × まいぷれ宮崎

FM宮崎の番組枠から飛び出してパーソナリティの人物像に迫ります!

2018/11/05

JOY FM × まいぷれ宮崎

最新取材記事

宮崎に元気な声をお届けしている「JOY FM」さんと宮崎の皆さまに様々な情報を発信する「まいぷれ宮崎」のコラボ企画。普段ラジオパーソナリティとして活躍している皆さんに注目し、番組の枠から飛び出してそれぞれの人物像に迫ります。第5回目は、樋口千穂さんです。今年度(2018年9月)で3年目に突入してなお、変わらずラジオを通じて元気を届けてくれる樋口さんにラジオパーソナリティになったきっかけを伺いました。

千穂ねぇは幼少期どんな子だった?

インタビューになると一変。落ち着いた雰囲気に。
インタビューになると一変。落ち着いた雰囲気に。
――樋口さんと言えば、元気でサバサバとした姉御肌!なイメージですが、幼少期からこのような性格だったんですか?

樋口さん:いや~、それが全然違いますね。子供の頃はどちらかと言えば陰気な方でした。陰気で偉そうな感じ(笑)

――本当ですか?全然想像がつかないですね。

樋口さん:私ひとりっ子なんですよ。大人の中で育ってきたので、いざ保育園とか学校とか子供の中に入ったときにどう振る舞えばいいかわからなかったんですよね。

――陰気というより大人びた子って感じですね。その頃の夢とかはありましたか?

樋口さん:その頃はアニメが好きだったので声優になりたかったんですよ。
でも高校時代になると現実味がでてくるので「そんな芸能界の浮き草業界の中暮らしていけるかよ!」って思い始めるようになって(笑)そこから堅実な会社員になろうと、夢が変わって大学を経て社会人になった流れですね。
――最初は会社員だったんですね。その会社員からラジオのパーソナリティになろうと思ったきっかけやタイミングはいつ頃だったでのすか?

樋口さん:年齢的に言うと27歳くらいですね。母が亡くなったことがきっかけです。当時は母の看病に追われて仕事をしていなかったのですが、その母が亡くなっていざやることがなくなったぞ、次の自分の人生どうする?って考えたら、以前会社に勤めていた頃は組織という体制がどうも私には合わなかったので自分の身ひとつでご飯をたべれる仕事に就きたいと思ったんです。そんな時ちょうどテレビで宮崎に芸能学校が開設されたのを知って、昔から声に特徴があると言われていたのでナレーターとかになれたらいいなと”ふっ”と思った瞬間その事務所に電話をかけていたんです。

――そこでラジオのお仕事を目指されたんですか?

樋口さん:養成所に入ったばかりの頃はまだ、ラジオのパーソナリティになりたいというのは1ミリも思ってなかったんです。お芝居や文章の読み方などを習っていくうちに関係する講師の方から「こんな仕事があるよ」「職安に案内あるから行ってみたら?」と、お話をいただいた中の一つがラジオのお仕事だったんですよ。

――え!職安に出てるんですか!?

樋口さん:そうなんですよ(笑)
たまたまいくつかの自治体が番組を作るタイミングだったようで、そのオーディションに受かって番組メンバーになったんです。あの時の求人が無かったら私はラジオ界にいなかったと思います。
やわらかい笑顔も素敵でした
やわらかい笑顔も素敵でした
――先ほど控えめな性格だったと伺いましたが、ラジオという多くの方に注目される仕事で辛い事もあったのではないでしょうか?

樋口さん:
そうですね、控えめな性格は養成所入って変わりました。関係各所にとにかく”樋口千穂”を知ってもらうために付き合いで顔を出さないといけない、苦手だけどやらなきゃ活路が開けないなと思ったら無理やりアピールしていましたね。今考えたらそこは辛かったところですが初めて競争するって意識が芽生えましたね。
ちなみに大坪さんはどんな性格ですか?

――私は暗い方ですね~(笑)、樋口さんのように明るく振る舞えたらなって思います。

樋口さん:大丈夫です。明るさなんて馴れと演出でどうにかなります!
あ、こんな事言うとリスナーさんから「樋口偽物かよ!」って言われそう(笑)
まあでもメジャーじゃない要素があっても生きていけると思っているんです。性格が良くなくても、かわいくなくてもいい。そこに花が咲いているのと一緒で存在はぜんぶ許してもらっていると思うので、そこをあえて頑張りすぎないって事は大事だと思います。

趣味はひとり呑みや店舗の開拓

――プロフィールを拝見すると呑み歩きや店舗開拓がご趣味とありますね。

樋口さん:
そうなんです。最初はネタを集める気持ちで足を運んでいたんですけど、それがそのまま趣味になった感じですね。行った先のお店の方々と話すと自分の知らない世界があるのを教えてもらえるので人と話す喜びを感じます。

――開拓の時は事前に情報収集して行くのですか?それともたまたま目についたところに行きますか?

樋口さん:情報も仕入れますけど、どちらかと言えば後者ですね。運命を信じて(笑)
今目に入ったってことは、ここに行くべきだ!って勝手に自分で決めます。カンを磨きたいところがあるので行き当たりばったりでお店に入ることが多いですね。

――ちなみにまいぷれ宮崎も見ていただいたりとか……?

樋口さん:もちろん見ていますよ!お店側が情報提供したり、ランチブログとかいいなーって思います。この間もまいぷれさんを見て行ったところがあるんですけど、どこだったかなー情報が多すぎてすぐ見つけられない(笑)
こんな答えじゃ説得力ないですけど、ちゃんと見ています!
リスナーさんの情報を大変嬉しそうに語っていました
リスナーさんの情報を大変嬉しそうに語っていました
――ありがとうございます(笑)やはりリスナーさんからも情報が多いのですか?

樋口さん:
多いですねー!すっごい参考にしてます。
この間も都城の仕事帰りに道の駅に寄ったらリスナーさんがおすすめしていたレストランのドレッシングをみつけたので買って帰りました。リスナーさんからのメッセージは私にとって血肉になっています(笑)

――血肉ですか(笑)ほぼ毎日といったペースで番組をされていますが健康管理にも秘訣がありますか?

樋口さん:健康管理ですか……嫌な事は一切しないって事ですね。私はストレスがたまるとそのまま体調にすぐ出てしまうので。精神衛生を清く保つことが大事です。
本当は「玄米を食べています!」とかそんな話をすればいいんでしょうけど(笑)
あ、でも添加物はとらないようにしていますね。商品の裏ラベルを見てカタカナが少ない物を買っています!

平成最後!千穂ねぇがやり残したこと

樋口さんにサインを書いて頂きました!<br>「平成ジャンプしませんように…」との文字も
樋口さんにサインを書いて頂きました!
「平成ジャンプしませんように…」との文字も
――5月には年号が変わり平成最後となりますが、やり残したこと、これからやってみたい目標などはありますか?

樋口さん:やり残したこと……新しい言葉で「平成ジャンプ」という言葉があるんですけど、それが昭和に生まれた人が平成を飛び越して結婚しなかった人のことを言うんですよ(笑)。
できたらジャンプはしたくないなぁ。

――平成ジャンプ?初めて聞きました(笑)

樋口さん:そう言うみたいですよー。
くだらない事なんですけどね。意地でも何でもないんですけど、できれば平成でかたずけておきたいですね。平成ステイをしたいです(笑)

プレゼント情報

応募は締め切りました
たくさんのご応募ありがとうございました

※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

マダムポーズで一枚!
マダムポーズで一枚!
編集後記
ラジオのはきはきとした姐御肌なイメージでお会いしましたが実際もそのままな感じ。でも今の樋口さんがあるのは過去から積み上げた努力あってこそ。苦手を乗り越える事で、人生を切り拓いていく樋口さんにかっこよさを感じます。また、初取材で緊張している私に話を振ってくれたりと優しい一面もありました。飾らない真っ直ぐな樋口さん。これからも応援します!

各リンクはコチラ!

各番組ブログ