地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

JOY FM × まいぷれ宮崎

パーソナリティの素顔を覗いてみよう! Vol.1 木村つづく

ラジオではなかなか聴けないアレコレ聴いちゃいました!

2021/08/16

宮崎に元気な声をお届けしている「JOY FM」さんと宮崎の皆さまに様々な情報を発信する「まいぷれ宮崎」のコラボ企画。
今回より新企画! 「パーソナリティの素顔を覗いてみよう!」がスタートします\(^o^)/
記念すべき第1回は、毎週月曜~木曜8:20-10:55放送JOY FM HYBRID MORNING」を担当する『木村つづく』さんにお話を伺いました!

■ラジオはもちろんテレビやイベントなどでも幅広く活躍されている『木村つづく』さん(以下つづくさん)。そんなつづくさんに私生活のこと、宮崎のこと、ラジオのことなど普段聴けないことをたくさん聴いちゃいました♪

ーー木村さんは延岡出身ということですが、宮崎市と延岡市の方言の違いってやっぱりありますか?

はっきり違うと思いますよ。語尾が違います。延岡は「何しよるとけ」。疑問形のけ! です。
宮崎の中でも延岡は大分と言葉が近くて。宮崎市は宮崎でしょ。都城はまた薩摩・諸県方面の言葉で全然違いますよね。

ーーそこで木村さんにお聞きしたいのですが、宮崎の好きな方言って何ですか?

そうですねー。いま浮かんだのは「よだきい」ですね(笑) 「めちゃめちゃよだきい!」っていう感じが音となって出てくる。こんなに的確に音となって気持ちを表すことができる言葉はないんじゃないかと。「めんどくせー」って言うよりもやっぱり「よだきい!」って言う。特に学生時代に言ってました。

ーー学生時代は何がよだきかったんですか?

一番は野球部の練習ですね(笑)よだきすぎてサボってばかりでした(笑)今だったらめちゃめちゃ頑張りたいなって思いますけど、当時は思春期の一番よだきがってた時ですね。人生もう1回やり直したい!

ーーちなみに「よだきい」以外に好きな方言ってありますか?

あ~好きではなく、印象に残っている延岡弁でいうと「でやす」。
これは殴るとかぶん殴るとかボコボコにするとかそういう言葉で、決してよろしくないんですけど、中学校の頃、よく使ってた。友達とふざけながら、「ぶっ飛ばすぞ!」みたいな「お前でやされっぞ!」っていう(笑)

ーーそんな方言知りませんでした!

そうなんだ。じゃあ、でやされてこなかったんですね(笑)
多感な時期は先輩の「でやす」がめちゃめちゃ怖かったです。だから決して好きじゃないですね(笑) でもインパクトがある方言2トップという意味で僕の中で好き。個性的で好きってことですかね。決してポジティブの言葉じゃないけど。もう「よだきい」と「でやす」しか言ってこなかった中学校時代でした(笑)

ーーじゃあ「でやす」って言ってる人がいたら、延岡方面の方だなって分かりますね! 勉強になりました(笑)

そうです。間違いないです。

ーーもし言われたら本気で怒っているのか、冗談で怒っているのか見極めるのも怖いですね。

「お前でやさるっぞぉ~」みたいに言われたら冗談って分かりますけど。「お前でやすぞ?」って言われたら本当にやられる3秒前でしょうね(笑)

ーーちょっと木村さんの中学時代が垣間見えたような気がします!

「HYBRID MORNING」担当の『木村つづく』さん
「HYBRID MORNING」担当の『木村つづく』さん

大切な癒しの時間『釣りキャンプ』

ーー休みの日の一番好きな時間帯っていつですか? 

遊びに行っているときですね。休みの日はどうやって遊ぼうかなとか天気を見ながら考えて、その週には友達に連絡を取って計画しています。

ーーじゃあ休みの日は基本的に家ではなく外ですか?

遊びに行きたいですね。寸暇を惜しんで遊びに行きたい! 今のシーズンで一番行きたいのは渓流釣りですね。天気のいい日に友達とヤマメを釣っている時間が最高。渓流が本当に美しいし、せせらぎとか鳥の声も最高です。そして、それにキャンプもくっつきます。

ーーガッツリ遊びに行ってますけど、それは全て癒しに繋がっているんですね!

まさにそうですね。ストレス発散!

ーー釣りは県内・県外いろんな場所に行きますか?

釣るためには遊漁券っていうのを買うんですよ。それを買って遊ぶので僕が行くところは決まっていますね。その遊漁券を買ったところに行く。

ーーならこれは内緒ですね(笑)

そうですね(笑)放送でも言ってないですもんね。
大きな声ではどこで釣っているかは言わないみたいな、みんな我先に入りたいみたいな(笑)だから内緒ですね!

ーー確かに、私の父もそう言って夜中に出発していました! 
つづくさんはキャンプに行っている時間が一番お好きなんですか?

キャンプだけでっていうよりかは、今は「釣りキャンプ」ですね。現場に着いて釣ってキャンプして、次の日の朝に釣って帰るっていう。本当に最高です。

ーーお天気を見ながらお友達と計画する時点から楽しいですよね? ちなみにどれぐらい釣れるんですか?

これが釣れないんです。最大で片手。
やっぱり最初は釣れないって聞いてたんですけど確かに難しい。今年はルアー釣りから日本古来のテンカラ釣りに挑戦しています。いま試練の真っ只中です。
渓流でヤマメを狙います!
渓流でヤマメを狙います!
自然の中で過ごす時間が最高の癒しなんだそう!
自然の中で過ごす時間が最高の癒しなんだそう!

つづくさんの1番好きな〇〇とは!

ーー1番好きな○○をお聴きしたいのですが、木村さんにとって1番コレが好き! っていうものは何ですか?

今はサウナですね!
好きなところに何度も行ってます。

ーー週に何回くらい行かれるんですか?

僕は週1回ぐらいだと思います。今はコロナ禍ってこともあって、自宅で温冷交代浴をしていますよ。自宅で熱いお風呂に入って、水シャワーを浴びて休憩。これを3回繰り返すっていうのを毎日やっています。

ーーえ! 毎日ですか?!

毎日やって晩ご飯っていう流れにしています。で、その時のBGMとして「とくさしけんご」さんっていう方の曲をよく聞くんですけど、今の僕の中でブームのBGMは、渓流釣りの時に自分のアイフォンで録音した渓流のせせらぎと鳥のさえずりです。
それをお風呂で掛けながら、温冷交代浴のお供にしています。これが本当に最高で。ちょっと流してみましょうか。

———スマホから流れる渓流のせせらぎと鳥の声。インタビュー中はその後もBGMとして流れる———

ーーこれは良いですね♪

これを家の中で温冷交代浴しながら。すると本当にどこか分からなくなるんですよ(笑) 風呂桶を枕にしてお風呂の中で寝るんです。時々、自分の家の横のスズメとかも鳴いてるじゃないですか、これがBGMの音なのか本当のスズメの声なのか時々分かんないことがあって。
パッと音を止めると音が無くなるじゃないですか。でも、まだ鳥がさえずっているときがあるので、それはうちの近所の鳥だったんだって分かるんですよ。録音してる音がパッって止まると急に音が無くなるでしょ。これだけ音があるとないとで世界が変わるんですよ。

ーー音って大事ですね。

大事ですね。TVの砂嵐みたいな音に聞こえるけど、これは川のせせらぎで、焚火と一緒で音が揺らいでるんですよね。だから相当なヒーリング効果。セルフヒーリングに力入れてますね(笑) 今年、サウナスパプロフェッショナル(管理士)って言う資格も取ったんです。

ーー資格を取るのは結構大変だったんじゃないですか?

簡単です(笑) 最初アドバイザーっていうテキスト読んで自分で問題解いて、次もサウナスパプロフェッショナルのテキスト読んで、自分で問題を解いて提出すれば取れます。好きな方であれば誰でも取れますよ。

ーーじゃあつづくさんに続いて取っていくしかない(笑)
テントサウナを楽しむつづくさん
テントサウナを楽しむつづくさん

つづくさんの名言①人類の敵はストレス!

癒しやストレス発散はすごく僕の中では重要です。人類の敵はストレスだと思ってますから!
ストレスが全て悪くするんですよ。人間関係も体調も。だから、人間関係で悩んでいる方も憎むべきはストレス。

ーーラジオでお悩みを聞いていると、どうやったらお悩みが解決するかではなく、その方の心が少しでも軽くなるかっていう返しをされているのがいつも印象的です。

やっぱり短い時間で解決することは中々できないので、大切にしているのはやっぱり共感ですね。その方にできる限り共感したいし、皆さんが求めているのは共感なんじゃないかなって思うんですよね。僕もできるだけ色んな考えに共感できる人になりたいし、共感してもらいたいと思っているし。本当にこれはハイブリチームみんなで大切にしていますね。
渓流のせせらぎと鳥のさえずりに癒されます☆
渓流のせせらぎと鳥のさえずりに癒されます☆

つづくさんが実は苦手なこと

ーー話は変わりますが、実は話すのが苦手と思う言葉はありますか?
例えば、『きゃりーぱみゅぱみゅ』とか・・・


苦手な言葉だらけですね。最近、平仮名の羅列とかカタカナの羅列とか、目に飛び込んで来なくなりました。ずっと繋がっている言葉はすぐ読めなくなってきましたね。メッセージが来て、瞬間的に読まないといけないじゃないですか。

ーーそういう時はどうやって切り返すんですか?

ゆっくり読みます(笑)

ーーなるほど(笑) じゃあゆっくり読みだしたら苦手な言葉だったのかなって分かりますね。

そうそう。瞬時に読めなくなったってことですよね。
だからやっぱり視覚、目に入ってきたものを脳で判断してまた口から言わないといけないという速度の問題なのか何なのか、年を重ねてくると衰えていくのかなと思うと、それをどう維持して向上していくかっていうところで、年を重ねたパーソナリティは頑張っているんじゃないですかね。若い人には分からないステージがありますってこと(笑)

ーーええもうそのステージに入っているんですか?

もう入ってます!!

ーーじゃあそれも繋がっての『イエス!フレッシュ初老』になるわけですね。

そうです。まあ40歳のことを初老と広辞苑に載っているんですけど、間違いなく皆さん来ますよ! 急に物忘れとか、名前出てこないとか、置き忘れが増えて。でもそれに凹み続けたり、それを人がやった時に責めたり、自分が責められたりすると本当に生きづらくなるんですよ。だから笑い飛ばしていきましょうっていうのがコーナーのコンセプトです。
まさにそれはリスナーさんとの共感の時間。だから面白いんですよね、みんなやってるから。

ーーラジオを聴きながら、うちの母も同じことしてる! って思うときがあるので、それを笑い飛ばしてあげないとなって思います。

そうですね。部活の帰りで息子を迎えに行ったお母さんが、息子を乗せずに帰った話とか、孫を腕に抱いたお爺ちゃんが孫をずっと探している話とか、傑作で素晴らしいですよね。リアルにやりますからね!

ーー将来が楽しみですね(笑)

木村つづくさんの忘れられない失敗とは!

ーー苦手な言葉からの続きですが、ラジオの中で忘れられない失敗があれば教えてください。

例えば、言い間違えってやっぱりあるじゃないですか。美味しいお米の話をフリートークでずっとしていた後に次の曲紹介ってなったんですけど、その曲がBEGINの『島人ぬ宝』。あれを『続いての曲はBEGINの“島人ぬ高菜”』って紹介したんですよ。米に引っ張られたんでしょうね。美味しいお米の話を散々した後だったんで。
テン♪テンテンテン♪って始まるから訂正する時間もなく(笑)

ーーきっと高菜ご飯が食べたかったんでしょうね(笑) 細かい失敗とかはどうされてますか?

毎日、結構間違っていますもんね(笑)

ーーでも、聴いていても間違いはほとんど気になりませんよね?

誤魔化す技でしょうね(笑)もうリスナーさんも慣れてて。でも本当にリスナーさんの温かいお耳で助けられています。ありがとうございます!
失敗談を語るつづくさん
失敗談を語るつづくさん

つづくさんの名言②ラジオの存在意義

ーーリスナーさんからの忘れられないメッセージってありますか?

今、17年目なんですけど、大切な人の命に関わるお話っていうのはずっと心に残りますよね。やっぱり家族の話とかそういったものは忘れられない話がたくさんあります。
あとはリスナーさんが、「亡くなった方のお話、思い出話をたくさんすると天国でその人の周りに花が降ってきます」っていうことを教えてくれました。それはその後も、番組で繰り返し言っていて、すごく素敵な話だなと思っています。
残された僕らも、それで救われるんじゃないかなーって思うんですよね。
あとやっぱり亡くなった方って寂しいと思うんですよ。好きな人を現世に残して。そういった意味では、その人達の思い出話をいっぱいしてあげたいなって本当に思いますね。

ーー17年という中でそういうお話がたくさんあったと思うので、ハイブリ発のお花がたくさん降っていますね。私もしっかり思い出話をしていこうと思います。

そうですね。いっぱい話してあげてください。

ーー私もハイブリでいろいろ大切な言葉を知ったような気がします。

リスナーさんからもいっぱい教えてもらっていますし、それを共有していくことがラジオの存在意義な気がしますけどね。

ーーかっこいい…!

うん。いまインタビューに応えてる系のコメントを残しました(笑)

ーー一同笑い

人生で大切なものが全部ある。それが宮崎

ーー最後に宮崎のココが好き! というところを教えてください。
宮崎はやっぱり自然ですかね。自然の中で遊んで、県内の素敵なサウナで良い汗かいて癒されて、その後美味しい食べ物を食べるという。それができる宮崎が大好き。

ーー宮崎の美味しいものはこれが好きっていうのがあるんですか。地鶏とか宮崎牛とか。

肉も野菜も魚も全部ありますからね。宮崎だけが特別なわけじゃないと思うんですけど、でもそうやって日常の中で休みがあれば気軽に楽しめるって環境が素晴らしいんじゃないですか。自然があって食材が豊富で仲間がいて。人生で大切なものが宮崎に全部あるんじゃないですか。

ーー今まで聞いたことがまとめられたような気がします! やっぱり一回県外に出ているからこそ宮崎の良さに気づいたんでしょうか?

うーん。まあそうかもしれないですね。難しいけど、素敵なところっていうのは日本国内とか海外とかいっぱいあると思うんですよ。その中でも宮崎が良いっていう理由は、やっぱり故郷だからっていうことと、故郷ゆえに大切な人がいっぱいいるからってことでしょうね。それだけが他の地域と違うところじゃないかなっていうのが僕の考えです。

ーーとてもしっくりきます。宮崎から出ないの? って聞かれたときに何でだろう…って思ってたけどこの大切な人がいっぱいいるっていうのは大きいですよね。

大きいですね。色んな旅をして住みたいって思う場所や国もいっぱいありますからね。今は宮崎でその生業があって、ここじゃないと生きていけないとは思うんですけど。

ーーまた機会があったら旅してみたいですか?

もちろんしたいです!今すぐにでも行きたい!
僕の理想として、終の住処は宮崎かもしれないですが、今はまだちょっと先の読めない人生にワクワクします。だから「これからどこに住もうかな」みたいな旅のワクワク感っていうのはまだもうちょっと経験したいかなってやっぱり思います。まずは還暦までいろいろ頑張りたい。今年50歳なので。

ーー全然見えないです!

いやいや今年50歳ですよ。まず10年。できることを本気で頑張ろうと。仕事も遊びも。60歳の時にまたインタビューお願いします。機会があったら(笑)

ーー是非! どこかで機会をねじ込んでいきます。

何にも変わってないかもしれないですけど(笑)

プレゼント情報

皆さん、「脱ストレス」ですよ!
皆さん、「脱ストレス」ですよ!
木村つづくさんへの応援メッセージ募集中!
メッセージをお送りいただいた方の中から抽選で1名様
木村つづくさんのサイン入り色紙をプレゼント!
 
応募は2021年9月30日(木)まで!
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
たくさんの応援メッセージお待ちしております!

ご応募お待ちしております!
ご応募お待ちしております!
編集後記:「ストレスは人類の敵」と語るつづくさんは、リスナーさんの気持ちに寄り添い、共感を大切にされているからこそ、皆さんを温かい気持ちで包んでくれるのだと分かりました。
終始、つづくさんのスマホから流れる川のせせらぎに癒されながらのインタビュー。
私も癒しを求めて「釣りキャンプ」始めてみようかな?!

この記事に関するキーワード