地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

お国自慢

まいぷれお国自慢Vol.1 宮崎編

宮崎のココがスゴい! Spiritの宮崎お国自慢ガイド

各地のまいぷれ編集局がお送りする、シリーズ「まいぷれお国自慢」、ついに始まりました!! 
記念すべき第1回目は、南国・宮崎からです。
全国から注目を集める“アツイ”宮崎を、ぜひ自慢させてください!!

ナビゲーターはこのふたり!

アルバム「情熱の風」ジャケット。左がトモミさん、右がカナエさんです
アルバム「情熱の風」ジャケット。左がトモミさん、右がカナエさんです
今回、自慢スポットを紹介してくれるのは、「Spirit」のふたりです!

高校時代に結成して、メジャーデビューは2006年。「DAIBA MUSIC FACTORY 2008」では、グランプリを獲得!! 宮崎発・元気印のボーカル・ユニットです。
2008年12月にリリースした、ファースト・フルアルバム「情熱の風」は、県内でも話題になりました。

そんなSpiritが案内してくれる、“ミヤザキ・スピリッツ”あふれるスポットを訪ねる今回の旅。じゃあさっそく出かけましょうか!!

#1 スピリチュアル・スポット編

あのE原さんもその名をあげた「江田神社」

宮崎といえば、神話の国。心が洗われるようなスピリチュアル・スポットがあちこちに点在しています。今回ご紹介するのは、宮崎市にある「江田神社」です。
境内にあるクスノキのこぶに、抱きついたり拝んだりするのが、いまちょっとしたブームです
境内にあるクスノキのこぶに、抱きついたり拝んだりするのが、いまちょっとしたブームです
トモミ「知ってます? ココって、あのスピリチュアル・カウンセラーE原さんも紹介していた神社なんですよ!」

それだけじゃありません。どこの神社でも唱えられる祝詞(のりと)ってありますよね、それに登場する「阿波岐原(あわきがはら)」は、このあたりだと言われているんです。江田神社は、歴史があって由緒のある神社ってワケ。

ふたりはご神木のクスノキに、額を当てて目を閉じました。

カナエ「こうしてると、心がキレイになってくカンジがするねー……。なにお願いした? 私、なんかデビューしたころのこと、思い出しちゃった」
トモミ「そうだねー。デビュー曲は、『願い』だったもんね」

江田神社は、木々に囲まれてたたずまいが穏やかで、ふたりのどんな願いも聞き届けてくれそうな、癒しのスポットなのでした。


【江田神社】
住所/宮崎市阿波岐原町産母127
電話/0985-39-3743

カナエ「せっかく江田神社まで来たから、『みそぎ池』にも寄っていこっか♪」
「みそぎ池」は、宮崎市の「市民の森公園」の中にあります
「みそぎ池」は、宮崎市の「市民の森公園」の中にあります
ココは、神話に登場する神様・イザナギが、みそぎ=からだを清めたとされている場所。アマテラススサノオなど、誰でも聞いたことのある神様たちがそのときに生まれたそうだから、このみそぎ池は聖地とも言えるスポットなんです。
「後世まで残していかなければならないサンクチュアリ」とは、スピリチュアル・カウンセラーE原さんの言葉!
スイレンは、4月中旬〜6月が開花時期。早朝がオススメ
スイレンは、4月中旬〜6月が開花時期。早朝がオススメ
カナエ「静かだね〜。ボーッとしてるだけで癒されるね〜」
久しぶりの宮崎をしみじみ味わうふたり。

宮崎市民の定番のお散歩コースにもなっていて、水面に
スイレンの花が浮かぶ様子は、絵のように美しい光景です♪


【みそぎ池】
住所/宮崎市阿波岐原町 市民の森公園内

#2 宮崎グルメ編

さて、2009年6月から東京に拠点を移したSpirit。今回、宮崎に帰ってきて、なにかしたいことはある?

トモミ「ごはん食べたい! ずっと宮崎の味が恋しかったっちゃもん!」
というワケでここからは、ふたりも自慢の宮崎グルメをご紹介!!

これぞ『一平寿司』の元祖「レタス巻」!

まずはご存じ、レタス巻。いまや全国的に有名になりましたよね。その発祥の店が、宮崎市にある『一平寿し』です。約40年前、野菜嫌いの作曲家・平尾昌晃さんに野菜を食べてもらうために生まれた、というのは宮崎では有名な話。1人前950円。

トモミ「コレコレ! 東京のコンビニでも買えるけど、ぜんっぜん違う! 宮崎の自慢の味だよネ!!」
ダシがよく出ておいしい「かに汁」
ダシがよく出ておいしい「かに汁」
一方、カナエさんはカニと格闘中! 『一平寿し』のもうひとつの名物、「かに汁」です。天然のワタリガニがまるごと入っていて、なんとビックリ500円!!
カナエ「東京じゃありえない値段!」

この笑顔の通り、カナエさんは「魚介類が大好物!」なんだそう。東京に行ってもさすがは宮崎っコ。実は「Spirit」は、北浦カンパチとか門川金ハモとか、宮崎の魚が続々登場する、「日向の海に朝陽が昇る」という漁業の応援歌を歌ってたりもします。宮崎発の第2の「おさかな天国」になるかも!?

レタス巻も、かに汁も、“おさかな天国・宮崎”の海の恵みがあってこそ味わえる宮崎グルメです!


【一平寿し】
住所/宮崎市松山1-8-8
電話/0985-25-2215

宮崎郷土料理の王道〜『杉の子』の「冷や汁」

魚のうまみ、豆腐や味噌のまろやかさ……『杉の子』の冷や汁は、県民の間でも人気があります
魚のうまみ、豆腐や味噌のまろやかさ……『杉の子』の冷や汁は、県民の間でも人気があります
お次は、こちらもすっかり有名になった、宮崎の「冷や汁」。訪ねたのは、郷土料理にこだわり続ける宮崎市の名店『杉の子』です。

宮崎の暑い夏でも、さっぱり食べられて滋養豊富な冷や汁。宮崎の家庭の味そのもので、家庭の数だけレシピがあるといってもいいほど。

『杉の子』の冷や汁は、素焼きにした魚のすり身と、味噌や豆腐などが使われていて、味わい深いのにさらりとして食べやすいのが特長です。

カナエ「いま、“ねこまんま”がブームじゃん? 冷や汁って宮崎自慢のねこまんまだよネ!?」
イヤイヤ、こんなおいしいメニューをネコにあげるのはもったいない!


【ふるさと料理 杉の子】
住所/宮崎市橘通西2-1-4
電話/0985-22-5798

『元祖にくまき本舗』の「肉巻おにぎり」

2008年秋に、宮崎市中心街にオープンした『一番街店』
2008年秋に、宮崎市中心街にオープンした『一番街店』
トモミ「で、最後のシメとくれば、宮崎人なら『肉巻きおにぎり』でしょ!!」

そう、ここ数年で宮崎のテイクアウトグルメの新定番になったのが、コレです。日テレ「行列のできる法律相談所」で、全国のB級グルメを集めた「B-1グランプリ」でも1位になったほど!! タレがよ〜くしみこんだ豚肉とごはんの組み合わせが絶妙です。

トモミ「アツアツにかぶりつくのがおいしいとよ〜。新宿にも去年、このにくまき本舗のお店できたよね。宮崎の味なんだよ、ってもっとみんなに広めなきゃ!!」


【元祖 にくまき本舗 一番街店】
住所/宮崎市橘通東3-8-12
電話/0985-20-2900

#3 Spiritの思い出の地!? 編


「ほらほら、サンゴの化石が入ってるよ」。階段に使われているのは、県内で採石された4億2千万年前の大理石。見どころ満載の県庁です
「ほらほら、サンゴの化石が入ってるよ」。階段に使われているのは、県内で採石された4億2千万年前の大理石。見どころ満載の県庁です
おなかもいっぱいになって、Spiritの“お国自慢ツアー”もいよいよ終盤。東京に帰るふたりが、空港に向かう途中に立ち寄ったのはココ、TVなどでおなじみになりましたよね、日本一有名な県庁、宮崎県庁です!!

県庁としては全国で4番目に古く、モダンで風格のある外観。Spiritの曲「オールドイズゴールド」じゃないけど、古いものにも価値があるっていう見本みたいな庁舎です。
ライトアップされたり、知事の等身大パネルが出迎えてくれたり、県民が自慢にできる県庁なんて、宮崎くらい? 

実はSpiritは、この県庁前でCMの収録をしたことがあるんです。共演は、なんとあの東国原知事と!!

カナエ「献血のキャンペーンのCMだったんです。知事のとなりに立って緊張したぁ〜」
トモミ「あれから1年半……懐かしいよね。立派な県庁にもちゃんと胸晴って報告できるほど、私たちがんばってきたよね!!」

庁舎とその上にはためく県旗を、笑顔で見上げるSpirit。あ、ちなみに、ふたりの間に立っているフェニックスは、枯れてしまって残念ながらいまはなくなっています。99歳だったんだとか! これも宮崎の自慢だったんですけどネ。

と、駆け足でご紹介してきた、お国自慢シリーズ〈宮崎編〉、いかがでしたか?
もちろん宮崎には、もっともっと自慢したいスポットやグルメが盛りだくさんです。

カナエ「今度は、私たちの地元・延岡も自慢させてーー!! 城山でしょ、行縢山(むかばきやま)でしょ、鮎とメヒカリとそれから……」
トモミ「Spiritも、宮崎のみなさんに自慢してもらえるように、もっともっとガンバリマス!」

みなさんが自慢したいスポットもぜひ教えてください!!

(※掲載情報は2009年9月時点のものです)