地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

宮崎スポーツコンテンツ「まいスポ!~MY SPORTS & TEAM SPIRIT~」

#009 九州ベースボールアカデミー 﨑村真実コーチ2015/04/11

宮崎から女子野球を盛り上げたい!!

まいスポ!
宮崎のあらゆるスポーツ団体をピックアップ! スポーツを楽しむ人の笑顔やチームスピリットに触れ、スポーツの力で宮崎を元気にしていこうというこの企画。
第9回は、宮崎における女子野球のパイオニア﨑村真実さんのインタビューです!

女子野球ワールドカップ4連覇を支えた女性が宮崎にいた!

昨年の9月に宮崎で開催された「第6回IBAF女子野球ワールドカップ」で見事優勝し4連覇をした日本代表ですが、その代表にサポートメンバーとして帯同した宮崎出身者がいたのです!それが﨑村真実さん。今回は、世界の女子野球を知る﨑村さんにインタビューをいたしました。

村真実さんのプロフィール
現在25歳の﨑村さんは小学4年時から本格的に野球を始め、檍中学校時代は男子に交じり軟式野球部に入部し副主将を務める。高校は鹿児島の神村学園へ進学。そこで全国大会優勝を3回経験し、卒業後南九州短期大学の硬式野球部1期生として活動し、2010年に行われた第4回女子野球ワールドカップでは日本代表メンバーとして優勝を経験。昨年宮崎で開催された第6回女子野球ワールドカップではサポートメンバー(ブルペンキャッチャーなど)として日本の4連覇に貢献をしました。

インタビュー

<blink><font style='font-size:20px;background-color:#ff0101;'>﨑</font></blink>村真実さん
村真実さん
――野球を始めたきっかけって?

小学生の時にクラスで野球をやっている子が多くて。3年生の時、バドミントンクラブに入っていたのですが、同じ日に外で野球チームが練習をしていて、見学していたら声をかけてもらい野球をすることになりました。

――そうなんですね!てっきりお兄さんとかの影響かと思いました

ほとんどの女子はそうだと思います。ちなみに私は4人姉弟で姉・私・弟・妹なのですが、野球をしているのは私だけです(笑)

――意外ですね。やっぱり女子が野球をするというのは珍しかった?

そうですね。私がいたチームは女子が4人いましたが、中学生になるとみんな辞めるか女子ソフトボール部に行っちゃいます。私は野球が大好きだったので、顧問の先生を説得して軟式野球部に入部しました。
小学校~華麗なる野球人生
小学校~華麗なる野球人生
――そこから日本代表にまでなるわけですが

はい。高校は小学6年生のときから鹿児島の神村学園に行こうと決めていて進学しました。高校で女子硬式野球部があるところが全国に僅かしかなくて、神村学園には全国各地から集まっていました。そこで1年からレギュラーとなり、3年間で全国大会を3回優勝することができました。卒業したら野球は辞めようと思っていたのですが、地元宮崎の南九州短期大学に初めて女子硬式野球部ができるということで、声をかけていただいていたことと、3年の夏の大会がサヨナラ負けで悔しさから辞めるに辞められなかったこともあり進学して続けることにしました。
女子野球の日本代表はセレクションがあり、そこを受けた人の中から選ばれます。なので他の競技と違い、セレクションに参加しなければ選ばれませんし、参加すれば誰でもチャンスはあります。2010年の第4回ワールドカップのメンバーに選ばれベネズエラで行われた大会に出場しました。
一番右 27番が<blink><font style='font-size:20px;background-color:#ff0101;'>﨑</font></blink>村さん
一番右 27番が村さん
――その大会で優勝し日本代表は2連覇しているわけですが、大会を通してどう感じられました?

正直、世界のレベルが日本に追い付いていないなと。身体能力では外国の方が上でしたが、技術面では圧倒的に日本が上でした。試合以外のとこでは、ベネズエラは治安が悪かったので、宿泊先のホテルにも軍や警察がロビーにいてほぼ軟禁状態でした。あと食事が合わなくて5キロくらい痩せました(笑)
ちなみに前回の大会はサポートメンバーとしての参加でしたが、やはり日本のレベルの高さを改めて感じました。
楽しい野球を体感してもらうため、基礎からしっかり教育
楽しい野球を体感してもらうため、基礎からしっかり教育
子どもたちへ熱心に指導
子どもたちへ熱心に指導
――そして現在選手からコーチという立場になりましたが

そうですね。昨年から九州ベースボールアカデミーでアシスタントコーチを務め、今年からコーチになりました。
子どもたちにはまず、野球を好きになってもらいたい。私自身、好きだから続けてこれたし、上手くなりたい、負けたくないという気持ちができたので今後も楽しい野球というのを伝えていきたいです。
あと怪我の経験もあるので、怪我をしないように基礎をしっかり教えていきたいですね。

女子プロ野球の状況はまだまだ厳しいですが、プロができたことによって、子どもたちに夢、目標として掲げるものができました。「将来はプロになりたい」これがあるのとないのではモチベーションが違いますから、女子サッカーのなでしこのように女子野球をもっと普及させていきたいですね。
最後に、取材日は木花スクールの練習日でその中で時間を作っていただきました。村コーチをはじめ関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

編集後記

ワールドカップで4連覇してもなお、女子野球はまだまだ環境が良くないのが現状です。関東・関西ではチームも増えてきたようですが、やはり絶対的に競技人口を増やすなら地方が頑張っていかねばなりません。﨑村さんもコーチとして宮崎から女子野球を盛り上げたいと意気込んでいました!

同世代の頑張りに期待しつつ、今後の女子野球に注目です!

宮崎スポーツコンテンツ 『まいスポ!』では、取材依頼を受付中です。
野球、サッカー、バレー、バスケットなどの球技はもちろん、陸上や水泳、ダンスなど、どんなスポーツチームでもOK!
競技の楽しさ、チームの想いなど教えてください。
応募フォームにクラブチームの情報を記入し、お送りください。

PICK UP 宮崎のお店 ~学ぶ・スクール~

人気のキーワード