地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

宮崎のまちづくり応援企画

大淀河畔をにぎやかに! 住民がつくりあげる夏まつり

中央東まちづくり推進委員会

現在「まいぷれ宮崎」では、市内各地区19の『地域まちづくり推進委員会』と提携を組み、各地区のまちづくりに関する情報を日々発信しています。あなたの住むまちの「地域まちづくり推進委員会」は、どのような活動をしているのでしょうか?

そこで、今回の明るいニュースは、『アサヒビール』様のご協力のもと、「宮崎のまちづくり応援企画」として3か月間「地域まちづくり推進委員会」の活動をピックアップ!
自分たちが暮らす街に愛着を持ち、少しでも我が町を安心して暮らせる街にしたい! 絆が深まる街にしたい! 地域の宝、地域の力で活力あふれる街にしたい! そんな気持ちでまちづくりに取り組む人たちにフォーカスを当てて、皆さんにご紹介していきます。

ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね♪

中央東まちづくり推進委員会について

東は大島通線、西は橘通り、南は大淀川左岸、北はJRA育成牧場までの一帯に囲まれた商業と住宅地が混在する地域の立地条件を生かして、ユニークな取り組みを行う『中央東まちづくり推進委員会』。
「中央東地域をもっと元気にしたい!」「地域の為に何かをしたい!」という想いのもと、
(1)生活安全部会・・・地域の防災・防犯
(2)環境部会・・・地域のエコ&リサイクル
(3)は~とふる部会・・・地域の福祉・健康づくり
(4)地域づくり部会・・・地域の再生
の四つの部会が集まり中央東地域を元気にするための活動を行っています。

その中で今回は、地域づくり部会の活動の一つ、今年で5回目を迎える『大淀河畔たまゆらまつり』について実行委員長の外山順一さんに話をお伺いしました!

「たまゆらまつり」はどんなイベント?

たまゆらまつり実行委員会委員長<br>外山 順一 さん
たまゆらまつり実行委員会委員長
外山 順一 さん
――大淀河畔のホテル街、温泉街が地元商店街をまきこんで行われる夏のお祭り『大淀河畔たまゆらまつり』は、元々は、吾妻町にある岩ヶ瀬水神さんの祭りが派生したものなんです。第1回目のたまゆらまつりの頃はちょうど、大淀河畔の夏まつりが開催されていなかった時期でもあり、「やっぱり大淀河畔で夏まつりがないと!!」という強い要望がさまざまなところからでてきて、地元吾妻町の青年部を中心に実行委員会が発足。そこから回数を重ねて今年で5年目を迎えます。

まつりの内容はどんなもの?

昨年のまつりチラシ<br>
昨年のまつりチラシ
――たまゆらまつりの催しは、盆踊りを“元気”に踊ると審査で素敵な賞品をゲットできる『盆踊りコンテスト』や『お楽しみ抽選会』など、だれでも気軽に参加できる地域住民参加型のものを多く取り入れ、普段なかなか顔を合わせない地域の人たちが顔を合わせる機会となるように工夫をしています。
近隣には、マンションも多いので、マンションに新しく入居してきた方々と地域住民との交流のきっかけになればいいですし。

はじめは、地区のお祭りの規模だったものが、歴史を重ねるごとに、地区を超えて認知されるようになり、吾妻町以外でも、永楽町、旭通り、松山町など近隣の地区からも協賛してくださる方たちが増え、昨年のまつりの来場者数も1,000人を超えるほどに!! 2,000個も作成した「エコうちわ」もすぐなくなってしまうほどだったそうです。
にぎわいをみせるたまゆらまつりの様子
にぎわいをみせるたまゆらまつりの様子

これからの展望は?

お揃いのスタッフTシャツも作りました!
お揃いのスタッフTシャツも作りました!
――昨年から高校生や大学生のボランティアスタッフを集めて祭り会場の運営を手伝ってもらっています。
若い人たちが率先して参加できるイベントにしていくことが今後の目的であり理想のまつりの姿です。同時に実際にイベントを運営に関わってもらえば「楽しい!」ときっと思うはずです。そうすれば、自分たちの地域に愛着をもってもらうことができますし。
子どもたちが大人になったときにもこのまつりが存続しているように、私たちが若い世代にしっかりとたすきを渡さなければなりませんね。
まだまだ歴史の浅いまつりですからこれからもしっかり運営をしていきたいと思います。

今年もたまゆらまつりを開催をするために協賛をお願いしているところです。これから実行委員会でいろいろとアイデアを練って、喜んでもらえるまつりにしていこうと思います!
たまゆらまつりを運営するスタッフも大募集だそうです!
自分たちの企画がイベントになるかも(?) 高校生や学生さんで、祭り会場の運営をやってみたい方は、大淀河畔たまゆらまつりの実行委員会の委員長外山さん(090-9075-6894)まで気軽にお問い合わせしてみてくださいね!

最後に!
合い言葉は、「たまゆらまつりが好き!」

「宮崎に暮らし、地域を愛する」方々を応援します!!

アサヒビール株式会社は、地域まちづくり推進委員会の活動を応援します!
http://www.asahibeer.co.jp/

取材後記

たまゆらまつりの関係者があつまるよーということで、今回取材伺ったのが吾妻町の居酒屋「炉端焼き次郎」さん。新年会の最中でした(おじゃまして申し訳ないです)。賛同して協賛してくださる方々が増えてまつりが成功している要因は、そんなところでも皆さんが私を受け入れてくださるあたたかさ、そして地域の皆さんの結束力と仲の良さではないかと思うほどでした。
「ゆくゆくは花火大会にしていきたいなー」という夢もあるそうですよ。是非、実現していただきたいですね♪ まいぷれでもたまゆらまつりの詳細が決まり次第お伝えします!

お問い合わせ

宮崎のまちづくり応援企画へのご意見・ご感想や取材してほしい、地域まちづくりの取り組みがありましたらご連絡ください。