地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

宮崎のまちづくり応援企画

ふるさとの想いつないで 『広瀬音頭』継承

広瀬小学校区地域づくり協議会

現在「まいぷれ宮崎」では、市内各地区19の『地域まちづくり推進委員会』と提携を組み、各地区のまちづくりに関する情報を日々発信しています。あなたの住むまちの「地域まちづくり推進委員会」は、どのような活動をしているのでしょうか?

そこで、今回の明るいニュースは、『アサヒビール』様のご協力のもと、「宮崎のまちづくり応援企画」として3か月間「地域まちづくり推進委員会」の活動をピックアップ!
自分たちが暮らす街に愛着を持ち、少しでも我が町を安心して暮らせる街にしたい! 絆が深まる街にしたい! 地域の宝、地域の力で活力あふれる街にしたい! そんな気持ちでまちづくりに取り組む人たちにフォーカスを当てて、皆さんにご紹介していきます。

ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね♪

広瀬小学校区地域づくり協議会について

佐土原町域の広瀬小学校区を明るく元気で住みよい街にするために平成17年に結成されたこのコミュニティは、約1万人の住民のために結成されたもので、住民のための住民による活動グループです。
主な事業内容は、

・まちづくり基盤整備
・人材育成
・地域教育推進
・健康・福祉のまちづくり
・安全、安心で環境に優しいまちづくり
・ふるさと歴史・文化継承
・プレイパーク構想など

取り組まれています。
今回は、その中からふるさと歴史・文化継承の分野で「広瀬音頭」復元と継承についてをご紹介したいと思います。

広瀬音頭とは?

広瀬音頭は昭和28年に発表された旧広瀬地区に伝わる踊りのこと。
いつの間にか忘れ去られたかのように、かれこれ50年以上も継承されず途絶えていた広瀬音頭でしたが、平成20年に「ふるさと民謡保存会」の井野信男さんの手で、地域に伝わっていた稲刈りの歌を掘り起し広瀬音頭の唄がよみがえります。踊りと振付は、昭和28年当時に踊っていた齋藤マチ子さん、杉田フミ子さん、加藤ミチ子さんの3人と民謡の新タミ先生で試行錯誤を重ね、復元完成したそうです。

復元に携わった齋藤マチ子さんにお話を伺いました。
齋藤マチ子さん
齋藤マチ子さん
-ー復元は大変だったのでは?

昔はもちろん、ビデオカメラなどもなかったですし、音も残っていなかったので記憶をたどっての復元でしたが、若いころに踊っていたので身体が踊りを覚えていました。あいまいな部分は練習や創作などを加えています。
平成22年には、広瀬小学校区地域づくり協議会さんの協力で、広瀬音頭のCDが完成し、そして、現在、広瀬神社夏祭りや駅前さどわらん祭り、小中学校の運動会などいろいろなイベントの場で広瀬音頭が踊られています。
昭和28年 当時の写真
昭和28年 当時の写真
懐かしみながら写真をみる皆さん
懐かしみながら写真をみる皆さん
広瀬音頭
広瀬音頭
皆さんの協力によって完成したCD
皆さんの協力によって完成したCD

大炊田地区について

広瀬音頭が復元された、宮崎市佐土原町の大炊田地区では、「盆踊り」や、「曽我兄弟踊り」など昔から踊りや郷土芸能が盛んな地域。祭りの準備や踊りを通して皆さんで集まる機会が多く、地域の結束が強い地域なんだそう。
イベントや慰問などにもよく呼ばれるそう
曽我兄弟踊り
にぎやかに行われる盆踊り
-ー将来大炊田地区の未来はどうあってほしいですか?

地区の仲のよさはどこにも負けないので、これをずっと維持していきたいですね。
なにか困りごとがあってもすぐ皆で協力しあう関係を孫、ひ孫の代まで絶やさないでほしいです。それが私たちの一番の願いです。

-ー「広瀬音頭」継承の今後のビジョン
復元した広瀬音頭が地区だけのものではなく、様々な人たちに愛されて郷土の文化として継承されていくことはうれしいので、これからも私たちは広瀬音頭を踊り続けていきたいです。ふるさとの人の想いがたくさんつまった「広瀬音頭」。新たな想い出をたくさん作ってほしいと心から願っています。
そのためにも高齢者ももっと頑張っていかないといけませんね!!
最後に! 皆さんで、
合い言葉は、「広瀬音頭が好き!」

「宮崎に暮らし、地域を愛する」方々を応援します!!

アサヒビール株式会社は、地域まちづくり推進委員会の活動を応援します!
http://www.asahibeer.co.jp/

取材後記

今回取材先に到着するやいなや「これ美味しいから食べない~」「つけもんどうぞ~」と和気あいあいとした雰囲気で終始笑顔の茶話会が始まりました。ついついお仕事を忘れて……とはいきませんでしたが、その歓迎ぶりに、地域の結束と、仲の良さをひしひしと感じました。地域の文化の継承というと硬くなってしまいますが、「広瀬音頭」を通じ、老若男女関係なく地区を飛び出して地域全体を盛り上げていこうという気持ちが伝わってきます。慰問やイベント出演などにもひっぱりだこの皆さん。今後も目が離せませんね。

お問い合わせ

宮崎のまちづくり応援企画へのご意見・ご感想や取材してほしい、地域まちづくりの取り組みがありましたらご連絡ください。

人気のキーワード