地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

JOY FM × まいぷれ宮崎

人気DJの今がわかる! Vol.1 DJ SHIRO

FM宮崎の番組枠から飛び出してパーソナリティの人物像に迫ります!

2017/11/14

宮崎に元気な声をお届けしている「JOY FM」さんと宮崎の皆さまに様々な情報を発信する「まいぷれ宮崎」のコラボ企画。
普段ラジオパーソナリティとして活躍している皆さんに注目し、番組の枠から飛び出してそれぞれの人物像に迫ります。記念すべき第1回目は、“耳恋”でおなじみのDJ SHIROさんに、SHIROさんの"今"はどんなコトやモノに占められているのか?深堀りしてインタビューいたします。


SHIROさんの「今」をグラフ化していただきましょう! では、スタート!
円グラフに記入中
円グラフに記入中
はい! できました!
はい! できました!

まずは、「仕事」について

――記入していただいたところで割合の多い順からお話いただきましょう! まずは「仕事」の割合が4割くらいですね。仕事の内容はどんなものですか?
SHIROさん:仕事というとラジオ、テレビ、MCすべてですね。
特に、最近の耳恋に関しては、サテライトスタジオからFM宮崎のスタジオへ場所が変わったり、新しいアシスタントを迎えたりと自分の気持ちを変える出来事が多かったです。
以前のサテライトスタジオからの生放送の場合は、番組のディレクターもアシスタントもミキサーもみんな同じフロアにいたのですが、本社のスタジオは、壁を隔てたガラス越しにミキサーとディレクターがいる状態なのでまだ慣れるのに時間かかってます。お客さんも見えないので正直寂しいです。

――ブースを隔てたこの距離感も寂しいんですね。今日放送している様子を拝見して気になったのですが、ディレクターの長友さんが放送中にブースを出入りしているのはもしや?
SHIROさん:気が付きました? 耳恋が始まった当初から12年間同じフロアのパターンでやってきて、やりづらいところもあるので長友ディレクターには中に入ってもらってます。笑 
最初は違ってたのですが途中からこっちに来てもらいました。

――他の番組は、違いますもんね
SHIROさん:あれが耳恋らしさになっていたので、独断で勝手に変えました。笑 ディレクターがメールを確認するために扉の開閉する音が「ガッチャンガッチャン」せわしなく聞こえる番組は、全国的にみてもそうそう無いと思います。

――耳恋以外の他のお仕事はどんな感じなんでしょうか
SHIROさん:ラジオの場合、「耳恋」は女の子と、「密会ラヂオ」はおじさん同士で喋ります。宮崎CATVの「JUNK TV」は自由にやらせていただいているし、キャンプの番組の「シェラカップは基本です!」は、自分でプレゼンして企画した番組です。
番組によっていろいろとパターンが違っている分、いろんな自分を見せられるので本当にありがたいなと思います。
――そのスタンスの切り替えはどのようにしているんですか?
SHIROさん:やっぱり相手次第なので、相手に活かされているなと思います。
相手によって接し方が変わりますし、それで自分が出来ています。だって、全部一緒のテンションだったらおかしいですし。プライベートも耳恋のテンションだと嫌じゃないですか? 耳恋のテンションが普通だと思っている方から電話がかかってくると「暗いですね」と言われてしまいます。笑

――確かに、耳恋のテンションを実生活に求められると困りますね
SHIROさん:電話で「こんにちわーーーーー!!」っていわれても困りますよね?
皆さんも2時間ハイテンションで叫んでみてくださいよ。これホントに疲れるんで。笑 毎回ひーひー言いながらやってるんですよ。番組おわった後にバンドのリハにいくと、発声の下準備がバッチリ出来ているくらいですからね。

「音楽」について

自慢のベースを披露してもらいました
自慢のベースを披露してもらいました
――次、音楽の話に移りましょうか。そういえばSNSでライブ情報を告知すると通常の投稿よりいいね!が少ないと番組内で嘆かれていたのですが……。
SHIROさん:普段の記事のいいね!が500くらいなのに音楽が100くらいで。
音楽も認められたいのでどうなんだろう? と自分を見つめ直すところもあります。笑

――ライブ活動は、いろんな所でたくさんされてますよね
SHIROさん:いろんな所に呼ばれて活動しすぎて分からなくなってます。笑 音楽は僕の武器だと思いますし、音楽のお陰でこうやっていろんな方に繋がっています。音楽が息抜きの一つでもあります。

――今日は、ベースを持ってきていただいたんですね
SHIROさん:
最近買ったベースです。音楽は、物欲にも繋がっているのですが、モノを買うのが好きで、ベースに関しては、雑に買うのではなく、常に『これが最後のベースだ』と思って購入しています。で、「最後のベースだ」と思って購入した4本目のベースがこれです。(爆笑)
――最後の4本目なんですね。笑 このベースとの出会いを教えてください
SHIROさん:これは、DINGWALL(ディングウォール)という会社のNG-2という5弦ベースです。基本的にベースは4弦が基本ですが、これは5弦で、ネックのフレットが斜めになっていて特殊な作りをしています。なぜこのベースが特殊かっていうと、フレットが斜めに入っているので一番太い弦が普通のベースよりものすごく長い。弦が長いということは、この弦を弾いたときのサスティーン(音の伸び)がよくって、結果、音域が広がるのでいろんなアレンジができます。

ディレクター長友さん:これ持ってるのは、宮崎でSHIROくらいだと思います。なかなかお目にかかれないです。
――斜めにフレットが並んでいると押さえる時どんな感じなんですか?
SHIROさん:慣れれば押さえる時の違和感は無くて、難しくはないです。
ここ数年でこういうスタイルのベースが出てきてます。
ちなみに、僕が最後だと言って購入した歴代のベース達は、「リサイクルショップ三喜」さんの楽器コーナーに置いてあります。笑
ベースや音楽関連のモノって音楽活動のモチベーションをあげるグッズの一つです。これを持って人前で演奏したいと思うし。そういうところが自分の糧になっています。

――ちなみにSHIROさんのベースが近日みられるライブは?
SHIROさん:このベースの初披露はもう終わったんですが、12月9日に都城でタカオシンさんと毎年行うライブがあります。だけど、このライブでは、ギターばっかりなので、ベース弾くことはしばらく無いですね。笑
ポーズを決めてもらいながらインタビューは続行中!
ポーズを決めてもらいながらインタビューは続行中!

「物欲」、「食」、「休み」、「アウトドア」について

――残りの物欲、食、休み、アウトドアは同じくらいの比率ですね
SHIROさん:物欲は、「物欲万歳」っていうコーナーもやっているくらい、新しいものに目がないです。実際、宅配業者さんが来る頻度が友人が家に来る頻度より高いですしベースもネットショッピングでした。宮崎って楽器屋さんが少ないので珍しい楽器は試奏が出来ないですから、ベースの購入も賭けみたいなところもありましたが満足してます。

――食については?
SHIROさん:食は、うどんかラーメンに偏ってるので、食って書いたけど、うどんとラーメンに訂正します。笑

――新しいお店ってどうチェックしているんですか?
SHIROさん:車で走っている時に、新しいお店の看板をチェックしたり、SNSの情報をチェックしたりしてます。アプリで「ラーメン手帳」ってあるんですが、そこに自分が訪れたラーメン店を登録してます。いま登録件数は108件くらいです。

――このリストはどこかで披露するものですか?
SHIROさん:これは、自分の中の情報チョイスのためのものなので披露はしません。もし、人に聞かれた時は、どこの店が一番いいか?とかではなくて、その日の気分によって食べたいものが決まるので、あっさりorこってり、塩orとんこつなど、何が食べたいのか?を聞いて選んでます。
雑誌の取材などで『どこが一番おいしい?』と言われると困りますし、そういう取材はお断りしています。一番と言うと、きっと他の美味しいお店に行きづらくなるし、麺類大好きな僕にとってはお店に通えないことが死活問題になりますから。笑

――休みはどんな感じですか?
SHIROさん:最近思うのが、休まないと仕事で話す話題がないということです。プライベートでの情報収集が一番仕事に役に立ちますし、収集しないと話す内容が薄くなってしまいます。今年は、1週間休みをもらったんですが、休んでいると不思議とどんどん仕事がしたくなるんですよね。
旅行に行けばアクシデントの話も含めて仕事に活かせるので仕事のための休みって大事だと思います。

――休みなく働いている皆さんにも伝えてください
SHIROさん:今、休みのない会社もあるじゃないですか? それだと心がパンクするし、仕事が嫌いになりますよね。仕事のための休みだと思えば、どんどん休みを取ってほしいと僕は思います。結果、仕事が充実しますから。

――忙しいSHIROさんでもちゃんと休まれているんですね
SHIROさん:あまり休みはないのですが、だからこそ休みを大事にしている感じです。

――最後にアウトドアについてはいかがですか?
SHIROさん:好きすぎて、アウトドアの趣味を番組にしてしまったんですよね。
僕が普段居るところって、誰か必ず居てワイワイがやがやしているところばかりなので、唯一、無になれるのがキャンプに行った時なんです。
今年の正月はひとりキャンプに行ったんですが、何にも考えないでぼーっとしていました。
皆さんが思っているキャンプって大抵、バーベキューをしてワイワイするようなイメージだと思うのですが、僕らのキャンプってもの凄く静かで、複数人で行っても、焚火を囲んでそれぞれやっていることがバラバラで無言です。

――一時期流行っていたグランピングみたいなものとは違うんですね
SHIROさん:椅子に腰かけると3時間動かないとかも普通です。
不便な場所でいつもよりお酒や食べ物を豪華にして楽しむ。この贅沢な感じが楽しいです。基本夏場は、虫が多いのでキャンプはやりません。キャンプするなら冬場がベストですね。

――いろいろと伺いましたがこれが今のSHIROさんということですか
SHIROさん:いや、今月のですね。来月変わることもあると思うので今日の日付を書いておきます。いろいろと分けてみましたけど、話しているとすべて全部仕事に繋がっているので100%仕事ってことで。笑  今の濱田詩朗はこんな感じです。

――SHIROさん貴重なお話ありがとうございました!!

プレゼント情報

色紙はプレゼントいたします!
色紙はプレゼントいたします!
コーナーで使用したSHIROさんのサイン付き色紙を1名さまにプレゼントいたします。このコーナーの感想を明記してどしどしご応募ください。

締切:平成29年12月15日(金) 

※当日24:00まで応募可能
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

編集後記
取材をした日は、寒かったのですが、ブースの中では汗しながらタンクトップで番組を進める姿が。笑 ちなみに番組冒頭で今日はタンクトップ一枚で進めると言って、有言実行していてビックリ! 知っているようで、知らなかったSHIROさんのパーソナルな部分を少しは引き出せたでしょうか? 
何事にも全力なSHIROさんの魅力を知った一日。ありがとうございました!