地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

宮崎の地域情報サイト「まいぷれ」宮崎

お店と成長!新人かんちゃんの社会科見学

宮崎トヨタ×トヨタカローラ宮崎「地域をつなぐコネクティッドデイ」に潜入!

”つながる”車。これからを支えるフルコネクティッドの魅力。

 

お久しぶりです! 新人社員のかんちゃんです!

前回の更新から約1ヶ月……

私、生存しています。

 

開始早々この更新ペースはダメですねー……。反省します!

 

 

 

この話はさておき、今回の見学は6/26(火)に開催されました、宮崎トヨタ×トヨタカローラ宮崎「地域をつなぐコネクティッドデイ」のイベントに行ってきましたー!

 

当イベントでは、全国各地で発表された新型カローラ、新型クラウンの初披露をする場でもありました。

ということは私、新型車を一足先に見ていたんです! 間近で! 生で!!

めったにない機会かつ、このような大きなイベントには参加した事がなかったので、終始ドキドキしていました。

 

それでは、イベントのレポートをしていきたいと思います!


14:00から開始された当イベント。会場に足を踏み入れると、そこには200人を超える来場者やメディア関係の方々がいらっしゃっていました。宮崎トヨタ代表取締役 佐土嶋社長、J.FC宮崎 松崎会長の主催のご挨拶から始まった「地域をつなぐコネクティッドデイ」

 

御手洗社長による新型車説明

 

新型車発表の前に、カローラ宮崎代表取締役 御手洗社長が壇上に上がり挨拶と、新型カローラ、新型クラウンのコンセプトを語ります。

 

ー初代コネクティッドカーとなるカローラのコンセプトは「ブローミングカローラ」。初代を花開かせたいという思いが込められています。

クラウンはこれまでの3つのモデルを廃止し、フルモデルチェンジ。「アスリート」「マジェスタ」「ロイヤル」の3つのシリーズをひとつにし、「15代目ではない初代フルコネクティッドクラウン」となっています。

 

なるほど、コンセプトを聞くだけでも期待が上がりますね。どちらも生まれ変わったイメージを感じさせるフレーズです。

 

それでは新型車の映像を用意しましたのでご覧くださいと、御手洗社長が壇上を降りると同時に、会場が暗転。

スクリーンにプロモーションビデオが流れます。

今までの歴史を振り返る映像はまるで映画のワンシーンのようで会場中がくぎづけになっていました。

気になるプロモーションビデオはTOYOTA公式ホームページ、またはYouTubeで公開していますので、是非ご覧になってみてくださいね。

 

 


いよいよ、お披露目のとき。

メディア関係の方がカメラを構え、しんとする会場。
そして壇上の前には、本日初披露となる、新型「カローラ」と新型「クラウン」が。
幕のかかったままでも感じる高級感。これは発表が楽しみです。

スクリーンに映るカウントダウン10秒前。
みんな声を揃えてカウントダウンを唱えていきます。

 

…5、4、3、2、1!

「それでは新型カローラ、新型クラウンのお披露目です!!」


バサッと幕がはがされ、見えた姿に一斉に拍手が上がります。

新型カローラ

新型クラウン

カローラエンブレム

12代目となる新型「カローラ」。カローラは花かんむりという意味で、エンブレムにカローラの「C」と、その上部に3つの花をあしらってあります。
今回開発された新型カローラはカローラスポーツと名付けられており、フラットな見た目が特徴。圧迫感のないワイドな室内で、長時間の運転でも疲れにくい車座席が特徴とのこと。車とLINEでの会話も可能です。

クラウンの機能を紹介

一方、新型クラウンはドイツで二年間プラットフォームを鍛え上げた、初代フルコネクティッドクラウン。細部までこだわった室内デザインで、シートが高くロングドライブでも疲れない仕様になっているのだそう。

フルコネクティッドの機能は、マイカーsecurity(リモート確認・操作)、ヘルプネット、オペレーターサービス、エージェント(音声対話サービス)、LINEマイカーアカウント、eケア(走行アドバイス)、MyTOYOTA for T-Connectと充実したつながる機能があります。

機能の詳細はTOYOTAホームページにてご覧いただけます。

 

新型カローラ

 

新型クラウン

 

また、当イベントには、サッカーを通して「宮崎を元気にしたい!」「子供たちに夢をあたえたい!」という理念のもと、元サッカー日本代表のコーチ、山本 昌邦監督、J.FC宮崎から松崎会長、与那城監督、佐野選手を迎えた講演や対談がありました。

 

山本監督のご講演では、『リーダーの条件』『良いチームをつくるために』といったテーマで、選手とのコミュニケーションの取り方、育て方へのこだわりを語られていました。

その中でも「勝つことが大切ではない、勝ちたいことが大切だ。挑戦すること、あきらめないことが希望につながる。」という言葉が私にはとても印象に残りました。その言葉を熱く語る山本監督の声は、来場された皆様の心にまで響いたのではないかと思います。

4人での対談

与那城ジョージ監督

松崎 博美会長

山本監督、J.FC宮崎より松崎会長、与那城監督、佐野選手の4名でのパネルディスカッションでは、当時開催していましたサッカーの話題や、宮崎とサッカーの”つながり”についてふれながらそれぞれ、語っておられました。

 

ーどういったリーダー像が理想ですか?

まずは人の前に立ち模範を示す。そういう者がリーダーシップのとれるキャプテンとなります。(松崎会長)

ーチームをキャプテンとして引っぱっていくには何が大切とお考えですか?

常に人の気持ちを考えることですかね。チームや監督とのコミュニケーションも大切だと思います。(佐野選手)

ーキャプテンと監督の間でどのようなコミュニケーションをとっていますか?

いろいろな準備をします。プランを立て、ビジョンを可視化してコミュニケーションをとるようにしています。そうすることで成長へつなげて行くことができます。(山本監督)

山本 昌邦監督

佐野 裕哉選手

ー今回のイベントの”つながる”にちなんで宮崎とサッカーのつながりはどういったものでしょうか?

冬に合宿に来まして、そこで松崎会長に選手を育てていただいたんです。これからもたくさんいい選手が育っていってほしいですね。(山本監督)

 

お聞きした話によると、宮崎には日本代表の香川 真司選手も自主トレーニングにいらっしゃるみたいです。それほどサッカーと宮崎は強いつながりがあったんですね。

 

対談後に4名が壇上を降りるとき、皆さんに道を譲る山本監督の紳士的な一面も見ることができましたよ。

 

カローラが魅せてくれているのか、室内なのに何故かなびく髪

ここで会場が移動の休憩時間となり、新型車をじーっと眺めていると、スタッフの方に「どうぞ、乗ってみてください」とすすめていただきました。

「いいんですか!?」と飛びつくように新型カローラに乗車する私。

 

フラットな見た目なのに中は広々。決して背が低いとも痩せているとも言えない私の体でも十分余裕があり、ゆったりできました。

室内はクールで落ち着いたデザイン。高級感のあるシートがまるで自分を1ランク上に見せてくれるようです。

クラウンはスポーティーな存在感あふれる見た目。ステッチが施されたシートが高級感を感じさせる内装となっています。タイミングが合わず乗る事ができませんでしたが、お店に伺う事があれば是非、乗ってみたいですね。

 

そして、今回のイベントについて、「宮崎トヨタ」佐土嶋社長と、「トヨタカローラ宮崎」御手洗社長に個別にインタビューをお願いしたところ多忙な中、急ぎの足を止めて快く応じてくださいました。

写真左:御手洗社長

  右:佐土嶋社長


この地域をつなぐというのは発表した新型カローラ、新型クラウンに搭載されたシステム、に関係しています。オーナーと、ディーラーが繋がっている、オーナーとお店(オペレーター)も繋がっている。例えば、半ドアのことに気づかず走行しようとします。そしたらその情報が車からオペレーターへと発信されるのです。

誰が持っている、どのナンバーの車が半ドアになっていますよと。そして、オペレーターからオーナーに半ドアですよと情報を届けるんです。(御手洗社長)

 

LINEと車をつなげることも可能なんですよ。LINEから目的地の情報を車に届けたり何時に到着するか教えてくれたり車と会話することができるんです。

オーナーとディーラーとお店がつながる、言い換えますと人と街と社会がつながる。だから地域をつなげる、コネクティッドカーなんです。

これからの時代はコネクティッドカーが主流となり未来を築いていくと私共は思っています。(佐土嶋社長)

 

そう語って下さったお二人。

新型カローラ、新型クラウンはまさに未来につながる車ということですね。

お忙しい中、ありがとうございました。

 


 

また、この後は懇親会や、新型車の試乗車会なども行われました。

懇親会の中では抽選会もあり、当選者へは遠藤選手のサイン入りグッズ、山本監督のサイン入りボールが景品として贈られました。

当選された方、おめでとうございます♪

 

懇親会の様子

イベントに参加して感想を述べるとしたら、かっこよかった。もうその言葉しか頭に浮かびません。

これまで、車に対してあまりこだわりのなかった私ですが、時代の情報化に合わせAI技術も取り入られた今の車ってすごいんだなと感心しました。

そしてやっぱり新しい車を見ると、自分の乗っている今にも壊れそうな(というか、若干壊れている)車をすぐに買い替えたくなりました(笑)

 

人と、お店と、地域をつなげる車。未来につながる車。

時代と共に進化し続ける、TOYOTAの自動車。これからもどんな進化がみられるか楽しみですね。

 

いつか私も買うぞーーっ!!

 

以上、「地域をつなぐコネクティッドデイ」レポートでした。

この記事に関するキーワード